ラブログ 家族への手紙。
by poshako

累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ


カテゴリ:序章( 23 )
11/9 tibi×2へ 「時を経て、今。」
a0036495_16374753.jpg

a0036495_1638613.jpg

a0036495_16382346.jpg

a0036495_16383962.jpg

a0036495_16393351.jpg

a0036495_1659217.jpg

a0036495_16391491.jpg

a0036495_16395438.jpg

a0036495_16413216.jpg

a0036495_16472419.jpg

a0036495_16414865.jpg

a0036495_1642630.jpg

a0036495_16422695.jpg

a0036495_16424412.jpg

a0036495_1643099.jpg

a0036495_16431896.jpg

a0036495_16474557.jpg

a0036495_1648568.jpg

a0036495_16482548.jpg

a0036495_16485077.jpg

a0036495_1649949.jpg

a0036495_1649293.jpg

a0036495_16495142.jpg

a0036495_1650158.jpg

a0036495_16504727.jpg
これ全部、ママだよ。


あなたたちがこの日記を読む日がいつかはわからないけど

あなたたちより小さい頃のママ、
それから今この日記を書いているママはもしかしたら

今のあなたたちよりも 年下かもしれない



そうやって月日は 流れるんだろうな。






誰にも生まれる瞬間があって

すべての人間に与えられたたったひとつの「平等」は


時間



「今」をどう過ごすかは 自分が決めること


一分も一年も

みんな同じ速さで流れるなら――





大切にしてほしい








あなたたちの母になって今、切に願うこと。
by poshako | 2007-11-09 16:37 | 序章
3/20 夏の日。
a0036495_3573970.jpg
明日はパパがお休みで お彼岸だから岩出山にお墓参りに行くってんで今日は。
急遽パパの実家にお泊りになった。
なぜか忠太たくもついてきて パパの実家で夕飯食べてったけど。
a0036495_3575083.jpgチビ寝せて みんな寝て それからママお風呂入って。
真夜中のもみじヶ丘のおうちは。
ちょっと怖い洋館。

この電話台 すっごく好きなんだよねー
猫足の。
高さの違う台を引き出すと3つの台になる。
かわいいんだあ。

暗くてわかんないや。


ああ このおうちにさー
初めて来たのは。

ママ高3くらい。
パパと友達になって1年くらいして。
パパと友達とママ3人でさ。
学校さぼってさ。
夏の暑い日で。
パパのビーノに3ケツしてさ。
15キロ先の駅から。
パパの家にむかった日 も。
そんな日も。
あったなあ。
a0036495_2241437.jpg
その日ママがダンボールの切れ端に描いた絵→
パパ全裸だけど。

まだ残ってるのがすごいでしょ。
もう10年くらい昔の話し。


ああ なっつかしいなー。
by poshako | 2006-03-20 23:58 | 序章
ノスタルジックbySCANCH.
さっきひょんなことで 青臭い頃を思い出した。

昔 スカンチが大好きだった。
ダブル・ダブル・チョコレートってゆうスカンチ初の2枚組みアルバム。
中学校の頃毎晩聴き惚れていた。
"ファン"とまではいかないけど 何故か毎晩あんなロックソングを子守唄にしていた。

マインソング/ミラクルデイズ/ペチカ/ママは最高/君を好きになった/プレゼント/石見銀山ねずみとり/女の娘の気持ちはわからない/グッバイルビーチューズデイ/ヘヴン/ハッピー・ウェディング/ロビタ/ミスターユニヴァース/レターマン/アンラッキーマン/フランス組曲2番“エア”~人形の部屋/セラピスト/必殺のハードラヴ/ボヘミアの美談/涅槃で待たないで/ロックンロールスター

どの曲名も、青い匂いが漂う。

中学校と言えば、こんなかんじ。
"ファン"というんじゃなくてどこかで耳にした曲が頭に残ると すぐにレコード屋に走った。
JUDY AND MARY も、BON JOVIも。
Hello! Orange Sunshine より前で、ALWAYSよりも前だった。



青い。 

THE BLUE HEARTS
GREEN DAY
NOFX
OFFSPRING
RED HOT CHILI PEPPERS
MR. BIG
Deep Purple
RANCID…


a0036495_4375164.jpg


臭い。




――ノスタルジックな夜明け。


あ すかんちのバンド名の由来、知ってる?
反対に読むんだ と。
by poshako | 2006-03-03 04:00 | 序章
2/8 肉と魚と婚姻届。
a0036495_081579.jpg
この画像 パパの携帯のまちうけ画 笑。


今日は イヴ。
結婚2周年記念 イヴ♡
もう2年
まだ2年
たかが2年。
されど 2年。
かなり2年。

思い起こせば…
って 長いから やめた。

まあこれから うん十年と共に歩む永遠の恋人、に明日。
「これからも46ピ9」
くらい 言ってもらおうと 思う。

あ ちょっとノッテきたからじゃあ。
2年前の今日と明日の話 ね。


――2004'。

婚約は 前の年の7月。
チビがお腹にいることに気づいたのは 正月過ぎてから。
で いつでも婚姻届は提出できる状態だったあたしと潤は。
「いつ出そっかー」
「覚えやすい日がいいなー」
とかね。
そんなかんじでだらだらしてたら 2月になっちゃって。
「そろそろ出さないとねー」
とか。
一度ね、付き合ってすぐに。
婚姻届とりに行ったことあってね。
部屋に飾っといたんだ。
けどあれ 喧嘩した時あたし破っちゃったから。

――2004'2.8。
「あ 明日、肉の日だ」
「え フグの日だよ」
「明日 出しに行く?」
「肉魚には 一生困んなそうじゃん」
で 決定。
「明日は先勝だから 午前中に役所に行こう」 ってね。
寝る前に潤が 言ったんだよ。

――2004'2.9。
「なんで起きないの」
「おまえが起きなかったんだろ」
朝から喧嘩。
で けっきょく昼過ぎ。
先勝もくそもなく役所にむかって。
途中、証人の判子もらうために阿佐ヶ谷のパチ屋へ。
みっちーと合流。
休憩札たてて近くの喫茶店。
「いや~ おめでとう」
って お祝いの言葉と判子をもらって。
今度は に電話。
「名前、勝手に書くよー」
「黒崎って判子もう買ったからー」

で 杉並区役所に到着した2人は何故か スーツ姿     笑。
「あーあ もう夕方」
「あーあー 先勝ダイナシ」
とかさ。
カツカツ革靴とヒールは足早に。
「婚姻届けくださーい」
って 隣は’離婚届’の窓口だし
その隣は ’死亡届け’の窓口だし

―― 晴れて国に承諾された2人はこの日から。
’夫婦’ になったわけ。

あたし:「ねー あたし。’ささきあき’って ’き’が二つもあるよ」
じゅん:「なんで うちの父ちゃん’ささきよしあき’だぞ」
あたし:「あ そっか」

喧嘩ぎみの新婚ホカホカ夫婦はちょっとだけうれしそうに。
ちょっとだけ 足並みをそろえてゆっくりと。
杉並区役所を後にしました とさ。




帰り道――
「あ 福の日だ!」
って  2人で笑いました       とさ。


「不苦の日」   は後付けで。
by poshako | 2006-02-08 15:36 | 序章
出会って4ヶ月の電撃結婚。
a0036495_012307.jpg
その7ヶ月後にかわいらしい女の子を産んだ京子とその旦那幸文は
「デキチャッタ婚ではない できてた婚だ」
と いまだ言い張るあたしの両親。

むかーしむかしのお話 ね。
by poshako | 2006-02-01 08:57 | 序章
二人のロペス。
a0036495_23591319.jpg
イカレタROCK野郎 スーパーギタリストJ。
このかわいいガキンチョは――。
あたしの最後の彼氏です。


a0036495_23593462.jpg
――写真整理してたら おもしろかったから。
23歳のパパ。
ギター弾いてる上の2枚は 方南町。
環七沿いのマンション。
パパとママが 出逢って7年目。
ルームメイト始めて
恋に落ちて
婚約して
喧嘩して
結婚して
ツワリと戦った
そんな104号室のこの部屋は。
今でもいろんな思い出がヨミガエル――。


――ある夏の日。
近所のドンキでね。
チャリンコ買ったんだよ。
帰りは2ケツこきながらさ。
二人で名前付けたんだよ。
’ロペス’ って。
通称ラブロペ。





誰や パクったの!




                           
by poshako | 2006-01-31 12:06 | 序章
まいちゃんの昔話―Dr.スランプまいちゃん―
a0036495_713927.jpg
パパの妹の まいちゃんのお話。



まいちゃんはちっちゃい頃ね。
あられちゃんが番組の終わりに毎回 自分の名前を呼んでくれるのが嬉しかったんだって。

「まいちゃん!」 って ね。







「ばいちゃ!」 なんだけど ね。
by poshako | 2006-01-07 06:46 | 序章
"恋の昔話"―初デート―
a0036495_14134883.jpg
パパとママのはじめてのデートは。
つきあった次の日に 電車でね。
新宿に出かけたんだ。


タワレコ入って 無印見て。
かわいいパキラ見つけて パパが買ってくれた。
ハンズでソファーベット買ったり。
デートっぽいデートの2003.7.21。
お昼になって お腹が鳴って。
なんか たべようか  って。
お店に入って。なーんかね。
なーんか      さ。

おとといまで 無二の親友だった2人がね。
照れてなーんも しゃべれないんだよ。
おかしいね。
お水ガブガブ飲んじゃって。
メニューなんて 逆さに読んでも気づかないくらい。
食べ始める頃にはなんだかお腹 いっぱいで。

「次は どこに行こうか」 なんて。


パパもママの目 あんまり見ないの。
おかしいよ。


食べ終わってね。
「じゃあ 行こうか」って。
お店が地下だったから階段 のぼってたらさ。
前歩いてたパパが。
こっちは向かないんだけどね。






 手 








出すんだよ。
パパってさ あんまり。
手繋いだりする人じゃあないからさ。
ママ 迷ったんだけどね。
間違いだったら恥ずかしいし。
どうしようか ってね。
悩んだ末に繋いでみたんだ。
そしてそのまま。
無言。
15分くらい無言で歩きつづけてさ。
けどその 繋いだ 手 がね。

へんなの。


すっごく へんなの。
ママの小指とパパの人差し指が 絡まっちゃってて どう考えても へーんなの。
だけどこれが

あたりまえ



みたいな顔 しちゃってさ。
2人はひたすら 歩くんだけどね。



それから 服見たり、靴見たり。
花屋で植木たおして 走って逃げて。
ソフトクリーム半分個して 笑ったり ね。

陽が落ちる 頃にはね。
いつの間にか普通で。
肩並べて歩くのも 手繋いで目が合っても。

「ちょっとまだ 恥ずかしいね」とか言いながら。

ホームを降りたら 次の電車がキスを隠して。
それからまた 手を繋いで。
下を向いて歩く2人の顔はね きっと。
カートとコートニーみたいに。
世界に2人だけ 幸せそうにいつまでも笑ってる。
2人だけの楽園を見つけたみたいに。
他には誰も なんにも見えなくて。

素晴らしき 日々の始まりに向かって歩くその道は。
迷いも不安も なにもなくて。

ただそこにある幸せを 何度も味わってゆっくり歩く。









そんな一日が 今でも。
パパと手を繋ぐとね。思い出すんだ。
そして今も。
あのへんてこな 手の繋ぎ方。
ママの小指とパパの人差し指は 絡まったまま。

ほどけないんだよ。

                  "恋の昔話"―初デート― 完。
by poshako | 2005-12-09 20:57 | 序章
"ままの昔話" ―生後6ヶ月~4 歳―
a0036495_2192583.jpg
今日はママが 生後6ヶ月~4歳5ヵ月の頃 福島の。
事務所兼、自宅のお家。郡山に住んでた頃のお話 ね。


むかしむかし。
そのまた昔のお話――



 朝から夕方まで事務所の中を走り回ったり 事務机の上にスケッチブックとクレパスひろげて一日中絵を描いたり。

ママのパパの会社。
部屋と事務所がつながってて寝室は 2階なんだけど。
1階の茶の間で朝ご飯たべおわると毎日その日選んだおもちゃをかかえて事務所に走るんだ。
こうさいさんとくろいわさんとはしもとくんと…
"あいすじいちゃん"ってゆう親戚のおじちゃんが働いててね。
いっつもアイス買ってくれるおじちゃん。
近くの商店で。
カップのバニラ。
ママ違う味も食べたかったんだけどいつも決まって それ。
けどうれしくてさ。
いつもお礼に ぬり絵を塗ってプレゼントした。



 あ ママね"ちり紙交換"がこわくてね。
大きなマイクで へんな声の。
"まいど~おさわがせして~おります~ちりがみこうかんで~ございます~"
ってさ。
縁側でしゃぼん玉してる時にかぎって くるんだよ。

わあ!! って言ってキッチンに走ってって ママのママのエプロンの中にかくれるんだけど。
耳ふさいでも聞こえてくるしすごくこわかった。
夜更かしして遊んでるとね、ママのママが言うんだよ。
"まいどさん来るよ!" って   ね。



それから…
ママのママってね、キャラクターが付いてる服とか靴とかぜんぜん買ってくんないの。
けどある日お茶碗ならいいよって アラレちゃんのご飯茶碗買ってもらったんだよ。
うれしくてうれしくて 毎日残さずご飯たべてね。
――ある朝。
ママのママが台所で洗い物しててさ。
ママはひとりでドリフ見てたんだけど。
そしたらね。
そしたら  パリーン       …って。

嫌な予感はしたんだよ。

…案の定。

ママの大事なアラレちゃんが まっぷたつ。
がっちゃんなんて どっかに飛んでっちゃったもんね。




はじめてのお祭りでは金魚を買ったの。
大事に大事に育てたのに 死んじゃって。
はじめてお墓をつくった。

それから 猫を拾って"デイジー"ってつけたんだ。
――次の日。
やっぱり"ぽち"にした。
なんかしっくりこなくてね。

毎日一緒に寝て いっつもだっこして。
ある日ねママが ドラえもんの絵本読んでたの。
そしたらママのママと社長おじちゃんがね 玄関で。

来ちゃだめ!   って言ったんだ。



床に敷かれた白い布が "ぽち"の形してた。

――次の日から "ぽち"がいないから探したんだけど。
どこにもいなくて それから。
その後は 覚えてないけど。
少し大きくなってから聞いたよ。
あの夜ぽちは 家の前で。
タクシーにひかれた  って。




ぽちがいなくなってしばらくして ママのパパとママのママが。
ペットショップに犬を見につれてってくれたの。
お店に入ってすぐ 白くてちっちゃなホワイトテリアがいてね。
ママどうしてもその子がよくて。
お店に入ってまだその子しか見てないのにさ。
その子がいいってママごねたよ。

何日たって。
その子がおうちに来た。
うれしかった。
うれしくてママ、ぴょんぴょん踊ったんだから。
けどね。
この前、つい何日か前この話をしてたらママのママが言ったんだ。
「あの子は あの日ペットショップで見た子と違う子よ。」




――それはそれは悩んでね。
あ "その子の名前" ね。
一晩悩んだけど決まらなくて。
次の日も。その次の日も。
4日くらいしてやっと決まって。

"ぽっちー"

猫の"ぽち"から "ぽ"と"ち"をもらったの。
そして毎日 一緒に寝ていっつもだっこした。



 "はじめてのおつかい"はね、近くの商店で「はっさくを2つ」買ってくるようにって言われて。
へんてこな買い物バックと500円玉持って100メートルくらい先の商店まで ひとりで歩いたんだよ。
商店のおじさんはね。
子供ながらにママ、いっつも思ってたんだけど。
絶対ママのママのことが好きなんだ。
奥さんも 子供も3人くらいいたけどきっとそう って。
 
商店にについて。そのおじさんに"はっさくを2つ"わたして会計してる時。

ふ とね。


目にとまったのが…
レジにぶら下がってる段ボール。
そこにいろんな色のサングラスがささっててね。
かっこいいんだよ これが。
いっつもほしくて見てたやつ。
色も決めてたんだから。
"きいろ"。



ママ、"はっさく2こ"を袋に入れてるおじさんに 言ったんだ。

「これ、あとでおかあさんがお金はらいます」   って。




帰り道はね そりゃあもううきうきで。
早々サングラスかけちゃってさ。
真っ黒で前見えないの。

家が近づいてくるとママ "…。怒られるかな。" って。
ちょっとどきどきしてきちゃって。
だってママのママ、こわいから。
いっつもね、"今日はだめ"とか"おかしは一つ"とか。
"いいかげんにしなさい!" っていっつもママを怒るんだから。


とか考えながら歩ってたら お家ついちゃって。


沈黙――。


ママ怒られると思って

「…あのね…」

って言い訳さがしてたら そしたらね。

ママのパパとママのママが 大笑いして。


ママは泣きながら 笑ったんだよ。
うれしいのとほっとしたのとつかれたのと。
なんだかよく わかんなくなっちゃったんだよきっと。




あとは――
"いったん"ってゆう1つ年上の 大好きな近所の女の子は。
しろつめ草でかんむりつくるのが上手でね。
いっつもおしえてもらうんだけど。
ママなかなか覚えられなくてさ。
だっていったんよりひとつ年下なのに。
いったんはいつもちょっとだけ。
ちょっとだけ不機嫌そうな顔をしてた っけ。

それから年に一度 ヨークにくる二匹の"なまはげ"は。
あれはさすがにこまったよ。
だってね カートに乗ったママは年に一度。
なまはげが自動ドアを開けた瞬間に。


じょじょじょじょじょ…

    って。
 おもらししちゃうんだからこまったよ。


あとは――

   あとは また。今度にしよう。

 チビ、
チビは今 何歳になっただろう。
ママがちびより小さかった頃の話を。
今ちびは どんな顔して読むんだろう か。




    "ままの昔話"―1~4歳― 完。
by poshako | 2005-11-18 14:32 | 序章
11/17 "引っ越し"
a0036495_220331.jpg
今日、自分の引っ越しした回数をかぞえてみた。


■東京都調布市で生まれて佐須の一軒家に住んだのが 最初の家。
■次が 福島県郡山市。ここはアパート。
■で すぐに事務所兼、自宅の家に引っ越して。ここは 楽しかったな。ママが6ヶ月~4歳の頃。朝から夕方まで 事務所の中走り回ったり。事務机の上にスケッチブックとクレパスひろげて 一日中絵を描いたり。
■それから 4歳で仙台に引っ越して。八木山のマンション。遊園地と動物園が目の前にあって。
ママが5歳になった一ヶ月後。すぐ近くの病院で 真智子が生まれた。
■次は仙台駅のほうに引っ越して。マンションの13階だったんだけど。
■何年かして。そのマンションの4階に 引っ越して。
■そして中2で。泉区館の一戸建にお引っ越し。
ここでけっこう落ち着いて。高校卒業。専門学校入学をむかえて。
■それからは。実家を出て 泉区松森にアパートを借りて住んでみたり。
■それからまた 実家で暮らしたり。
■そして21歳の頃。
東京都江戸川区葛西。
パパと友達として 一年くらい。一緒に暮らしたりして。
■それからまた 実家で暮らしたり。
■やっぱりまた 東京だったり。
東京都調布市多摩。
ママのママのママのお家に1ヵ月くらい住んで。
■で 2003年 23歳。
東京都杉並区方南町。
友達だったパパと ルームメイト。
そして つきあって ぽしゃを飼って 結婚して。ちびがお腹にいたのも。このお家。
■2004年4月。
新居に引っ越す前の一週間くらい。パパのパパの単身赴任先の
東京都江戸川区小岩。
■4月末に新居に引っ越して。
東京都調布市調布ヶ丘。
■6月。
東京都調布市西つつじヶ丘。
駅前の。やばいくらいの デザイナーズマンション。
ここで ちびが生まれて。
■11月。
宮城県仙台市若林区。
今の お家。

計17回。
あ おととし。実家が広瀬のマンションに引っ越した。驚いたのが、32階だってこと。空の生活。星が近い。





なーんか ね。
すごい回数でしょ。
人生。いろいろ あるからね。
それにしても。
引っ越しって つかれる。
もう当分ね。ここがいいな。

この家に引っ越してきてちょうど一年の 夜はふけて ゆくのでした。
おしまい。
by poshako | 2005-11-17 23:58 | 序章


カテゴリ
全体
はじめに
主な登場人物
序章
結婚式
妊娠
出産
育児期0章
育児期1章
育児期2章
育児期2章/妊娠
育児期3章/妊娠
育児期3章/出産
育児期3章/0章
育児期4章/0章
育児期4章/1章
非公開
未分類

タグ
(128)
(82)
(63)
(53)
(38)
(34)
(32)
(30)
(29)
(21)
(21)
(16)
(8)
(8)
(8)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)

以前の記事
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 08月
2004年 07月

検索

フォロー中のブログ
小さな哲学~雑想の世界
音羽と志音と寧音の親バカ...
デブと巨乳は紙一重ヽ()...
ばれたら妻に殺されるblog。
** 芽依ママDaily...
フライとルアーと時々エサ釣り
桃のブログ
2丁目1番
tracks to th...
勘違いしてはいけない。
Stock, Hause...
THERME GALLE...

外部リンク

その他のジャンル

訪問ありがとうございました

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧